FC2ブログ
TOP > 社長秘書 > Title - それは風変わりな面接から始まりました ~その4~

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10



それは風変わりな面接から始まりました ~その4~ 
オフィスを早々に退散した後、
社長が家まで送ってくださることになり、
私は車の助手席に乗せていただきました。

二人きりになると、面接の時の質問を
更に掘り下げて聞かれたのです。

私はできるだけ詳しく細かいことまで話しました。
私のことを知っていただきたいので
経験してきたこと、感じたことのすべてを…


「初めての経験は、出会い系で知り合った方でした。
 メールで私の経験談を伝えていたのですが、その方に、
 『君にはMの素質があるね』って言われたのです。
 その言葉が妙に私の心に引っかかっていたので、
 その後何度かメールのやり取りを重ね、お会いすることになりました。」

「ほぉ、それでどんな事をしたんだい?」

「待ち合わせ場所から少し離れたホテルに行きました。
 そこで、どんなことに興味があるか聞かれたのですが…
 私は何も前知識がなかったもので、どう答えていいかわからないでいたのです。
 すると、その方が鞄の中から色々な物を出し始めまして…

 どれも生で見るのは初めてのものばかりでした。
 大人のおもちゃと呼ばれるローターやバイブ、革製の拘束具など、
 一つ一つ丁寧に説明しながら見せてくださって…
 その中の一つに首輪があったんです。

 『付けてみるか?』と聞かれて、私は頷いたのです。
 そして、首輪を装着された瞬間、物凄い衝撃が私を襲いました。

 どのように表現したらお伝えできますでしょうか?
 全身に鳥肌が立ち、血が逆流するような感覚とでも言うのでしょうか、
 生まれて初めて経験した、言葉では現わせられないくらいの衝撃だったのです。

 その方が、その時の私の表情を見て嬉しそうに
 『気に入ったようだね』と言われたのを覚えています。」
 

首輪


「その後、いろいろな拘束具を試していただいたりしてその日はお別れしたのですが、
 あの時の興奮状態は、今でも鮮明に脳裏に焼き付いています。」

「そうか。ゆーり君が初めてMを自覚した時という訳だね?」

「あっ、そういう事だったんですね。
 私、ずっとあの時の衝撃がどういう意味だったのか、わからなかったんです」

社長は大きく頷くと、駐車場から車を出しました。


高速道路を走り始めると、
社長は私の太ももをつねり始めました。

小さいけれど鋭い痛みに、私は
「あっ、あん。あんっ、あぁっ」と
反応しないではいられませんでした。

もう許してと思いながらも言葉に出せなかった私は
執拗に続く社長の責めに悶えながら
アソコが濡れていくのを感じていました。


なぜ私はこんなことをされて感じてしまうのか、
いつからこんな風になってしまったのか…

私はボーっと遠くを眺めながら
記憶を遡って自分の過去を振り返ってみるのでした。




【 続く 】


THEME 人妻・熟女 | GENRE アダルト |
社長秘書 | TB : 0 | CM : 0 -

COMMENT LIST



COMMENT



COMMENT FOAM

SECRET
 




TRACKBACK

TRACKBACK URL to this Entry