FC2ブログ
TOP > 屋内・蝋燭 > Title - 秘密の隠れ家で一人遊びに興じる時…

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12



秘密の隠れ家で一人遊びに興じる時… 
子どもの頃、よく、近くの神社の納屋で遊んだものでした。

いつの間にかそこが自分の第2の部屋のようになってきて
学校帰りに毎日納屋に寄るようになりました。

野良猫に餌をあげたり
友達に借りた漫画本を読んだり…

そんな自分だけの隠れ家(秘密基地?)って
誰にでも1つくらいあったものですよね?


なぁんて話題について来られる方は、
私と同世代の方ですね、きっと…

で、その納屋を隠れ家にしていたのは、
私だけじゃなかったみたいなんです。


と言いますのは、実はその納屋には、
ポルノ雑誌が無造作に転がっていたからなんです。

その雑誌の中に、
緊縛された女性の写真や蝋燭を垂らされてる絵などもあって
私はいつの日か、そういう類の雑誌を
手に取って見るようになったのです。


一人遊び01


緊縛された女性の恍惚とした表情は
私を夢中にさせました。
熱そうな蝋燭は私を興奮させました。

まだまだ幼かった小学生の頃のことです。
その興奮をどう鎮めればいいのか分からなくて
一人、悶々としていた記憶が甦ります。


一人遊び02


そんな在りし日の思い出に浸りながら
納屋でこっそり、一人遊びに興じます。

声を殺して、熱さに耐えて…
自分を責めて自分に責められて…


いつ誰が扉を開けるか分からない
そんなギリギリの状況に興奮して…

一人遊び03


誰かに見られたら言い訳ができない状態に自分を追い詰めて
そんな追い詰められた自分に酔ってしまっているのです。


自分の世界に入り込んでしまったら
もう後戻りできない…

周りなんて気にならなくなって
絶頂を迎えるまで、ひたすら責め続けるのです。


危険な危険な 一人遊び…




THEME 人妻・熟女 | GENRE アダルト |
屋内・蝋燭 | TB : 0 | CM : 4 -

COMMENT LIST

【お久しぶりです(*´ω`*)】 by たく


ゆーりさんの白いキレイなお肌と蝋燭の赤のコントラストがいいですね(*´ω`*)
でも誰か入ってきて驚いて蝋燭落として火事出さないで下さいねw

【こんにちは♪】 by 京


私の場合は、空き地にエロ漫画が落ちていて♪縛られた女の乳首にロウソクを垂らし♪感じている内容なのです♪それは小学校の頃です♪すでに勃起していました♪その時から変態さんになりました♪

【Re: たくさんへ】 by ゆーり


コメントありがとうございます。
赤い蝋燭は肌の白さを強調してくれるので好きなんです。
なるべく濃い赤がいいですね。

こんなちょっとした隙間に入り込んで
一人遊びしていると、凄くドキドキします。
誰かに見つかってしまっても言い訳できない状況ですものね。

【Re: 京さんへ】 by ゆーり


コメントありがとうございます。
京さんも小学生の頃から変態さんだったんですね。
昔は空き地に雑誌が何冊も捨ててあるなんてよくある光景でしたけど
最近はそういうの見ないですね。



COMMENT

【お久しぶりです(*´ω`*)】
ゆーりさんの白いキレイなお肌と蝋燭の赤のコントラストがいいですね(*´ω`*)
でも誰か入ってきて驚いて蝋燭落として火事出さないで下さいねw
2012/12/09(日) 04:59:21 | URL | たく #InEwFtGs [ Edit ]
【こんにちは♪】
私の場合は、空き地にエロ漫画が落ちていて♪縛られた女の乳首にロウソクを垂らし♪感じている内容なのです♪それは小学校の頃です♪すでに勃起していました♪その時から変態さんになりました♪
2012/12/10(月) 22:08:24 | URL | 京 #- [ Edit ]
【Re: たくさんへ】
コメントありがとうございます。
赤い蝋燭は肌の白さを強調してくれるので好きなんです。
なるべく濃い赤がいいですね。

こんなちょっとした隙間に入り込んで
一人遊びしていると、凄くドキドキします。
誰かに見つかってしまっても言い訳できない状況ですものね。
2012/12/16(日) 10:18:05 | URL | ゆーり #- [ Edit ]
【Re: 京さんへ】
コメントありがとうございます。
京さんも小学生の頃から変態さんだったんですね。
昔は空き地に雑誌が何冊も捨ててあるなんてよくある光景でしたけど
最近はそういうの見ないですね。
2012/12/16(日) 10:21:18 | URL | ゆーり #- [ Edit ]


COMMENT FOAM

SECRET
 




TRACKBACK

TRACKBACK URL to this Entry