FC2ブログ
TOP > 室内 > Title - 蘇る記憶の中で・・・

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05



蘇る記憶の中で・・・ 
ベルトで叩かれて泣き叫んでいる
幼い女の子の姿…

まぎれもなく、それは幼い日の私でした。


ガムが1個、ポケットに入っていたのを
見つかったにも関わらず、
万引きした事を謝らなかった私への折檻?


私の中で蘇った記憶なのか、
単なる妄想なのか…
それすらわかりません…

ただ思い出すのは、
鬼のような形相で私を追いかける母親…

ある日は箒を持ち、
また、ある日は竹のものさしを持ち、
またまた、ある日はベルトを持ち…


大声で泣いたり、
痛いと叫んだりする事は
許されませんでした。

黙ってろと怒鳴られ、
問いただされたことに答えても、
言い訳するなと怒られました。

だから、黙って
苦痛に必死に耐えました。


鞭打ち


正しい正しくないの判断は
すべて母親の感情次第。
私には判断の基準が理解できませんでした。


憎まれていたのか、
嫌われていたのか分かりません。

それでも…、
愛されたかったのです。

兄のように、弟のように…
母の愛情を受けたかったのです。



いつも私に向けられていた、
感情の吐き出し口。
ストレスの矛先。

それが
母親を独り占めできる
唯一の時間だったから…

私は、それを受け入れることで
満たされようとしていたのだと思います。


鞭打ち


遠い遠い幼少の頃の記憶は曖昧で…
不確かなものではありますが、

主様に鞭で打たれた時、
私の頭の中を走馬灯のようにかけ巡り…


私は、号泣しました。


THEME 熟女の魅力 | GENRE アダルト |
室内

COMMENT LIST