FC2ブログ
TOP > ARCHIVE - 2010/09

2010 081234567891011121314151617181920212223242526272829302010 10



エピローグ 
寂しそうに 

yu-riは 歩き始めた


生贄


後ろも振り返らずに………



















自宅に 帰って来てからも


生贄


遠くを見ていることが 

多くなった…






yu-riは 南の島に

心を 奪われてしまったのだろうか?



話しかけても 

心ここにあらず 

と言った風で…


生贄




もしかしたら…

 

私が 

yu-riの気持ちを

写真に 

封じ込めてしまったのかもしれない…




生贄


今… 

ここに在るのは

魂の 抜け殻のようなもの…



いつ 

yu-riが 

元気を 取り戻すのか…



今の私には 

分かる術も ありません










ですが…

いつでも 更新できるように

私が このブログを 

預かっておこうと思います





それまで 暫しの間

更新を 休眠させていただきます


yu-riを 休養させるには

ちょうどいい機会だと 思いますので




ますたべ
                     ↑ますたべ



ご訪問してくださった皆様方

本当に ありがとうございます


今まで コメントをくださった皆様には

yu-riからの レスが できない事を 

申し訳なく思っています


yu-riに代わり お詫び申し上げます



2010年  初秋  たぁ

関連記事

THEME 人妻・熟女 | GENRE アダルト |
主・エントリー | TB : 0 | CM : 7 - | Top▲

COMMENT LIST

【管理人のみ閲覧できます】 by -



【ありがとう♪】 by あまぐり


yu-riさん、今まで拝見させて頂いた素敵な写真の数々ありがとうございました。
素晴らしいバックショットに何度イカせてもらった事か…

またいつの日かお会い出来ると信じております。

しばらくは妄想の中のyu-riさんと…


あんなコトこんなコトしながら…


また再開される日を待っております( ̄▽ ̄)b


【こんばんは】 by Spring


ご無沙汰しております。

お二人とほとんど同時期に近くの島に行っていました。^^

たぁさんの写真!
メッセージが、込められていますね。
いつもドキドキしながら観させて頂いてます。

事後報告ですみません。m(_ _)m
ニャン2倶楽部 11月号に、”ユーリの男”さんが載っていたので、おま改に少し書かせていただきました。^^;

元気なyu-riさんにまた逢えることを期待しつつ…

【お久しぶりです】 by 信一


休暇をとりましょう!

色々な事を、感じて生きている時、体が一番大事ですからね(^O^)


最近は、涼しくなりましたね~♪気持ちも穏やかになれます。

でも、yuuriさん気持ちを穏やかに、主様も、お体だけは、崩さないようにして下さいね!(b^ー°)


今は、そっと、見守る事しかできませんが、更なるご活躍を、祈っています。


いつまでも、笑顔で、また、同じ空の下にいますよ。


信一より

【管理人のみ閲覧できます】 by -



【管理人のみ閲覧できます】 by -



【ありがとう[i:63955]】 by 京


今まで御苦労様でした
また会える日を楽しみにしてますさようなら 

無題 
帰る予定日の 前日

散歩している途中で 

yu-riが呟いた


「あそこで… 縛られたいです…」


指差す方向を 見ると

確かに 

岩が いい感じに 

突き出ていた




私は 

yu-riに 縄をあてがい

希望通りの 場所に 

拘束した


生贄


潮風にあたり 

ゆらゆらしている姿は

本当に 気持ち良さそうで…



「ずっとこのまま

 ここでこうしていたい…」



聞こえるか 聞こえないかくらいの

小さな声で 

yu-riが 呟いたのを

私は 聞き逃しはしなかった


生贄


すっかり 

空と 

海と 

風の

虜になってしまった yu-ri



だが 

全ての願望を

叶えてやれるものでは 無い…



平穏な 島が
 
かなり 気に入ったようだったが

そこに ずっと 

留まっていることは できない



世間同様に 

私達も 

前に歩いて行くしか ないのだから…


生贄


私は 

嫌がるyu-riの 縄を 

無理矢理 解き始めた……

関連記事

THEME 人妻・熟女 | GENRE アダルト |
主・エントリー

COMMENT LIST

無題 
yu-riは 

あの島に いる時


本当に 

あどけない 子供のようだった


朝のお散歩



樹に登り
 
kinobori.jpg


波と戯れ

nami.jpg


ヤギと話し込み(?)

yagi.jpg



風と遊び

kaze.jpg


あぜ道を 走り回り…

azemichi.jpg



空や 

雲や 

星を 

眺めては


笑ったり 

涙ぐんだり…


朝のお散歩


私は
 
そんな yu-riの 姿を 

見守りながら


カメラの シャッターを 

きった


朝のお散歩


雄大な 自然に 溶けこんで

まったく 違和感なく

穏やかに 慎ましく…


元気に 

生き生きと 過ごしている

ありのままの yu-riを 


カメラに 収め続けたのだが…

関連記事

THEME 人妻・熟女 | GENRE アダルト |
主・エントリー

COMMENT LIST

無題 
yu-riの主こと たぁです

いつも「変態熟女のちょっとおかしな・・・」を
 
閲覧いただきまして ありがとうございます

少しだけ 私が書かせて頂きます



yu-riと出会った時

彼女の心は 病んでいました…


生贄


yu-riは…

誰も 近づけないような
 
鋭い眼差しで 睨んでいたかと思うと

子供のような オドオドした表情に 変わり…


心を閉ざし

全てのものを 拒絶している風で…


生贄


話を聞いてやってるうちに

少しずつ 心を開き

自分の事を ポツリポツリと

話してくれるようになり…



私を慕い 信頼してくれるようになると

いつしか 心だけでなく

身体も開くようになり



私に 全てを 捧げてくれた…


生贄


どれだけの覚悟が

彼女にあったのか わからないが


「私の一番の女になりたい」


yu-riは そう言い

私に ピアスを 

開けてくれるように 懇願した




私は 彼女の望み通り

彼女のラビアに ニードルを通した…


生贄


それから…
 

私の yu-riに対する 考え方も

少しずつ 

変わっていったように 思います



そんなyu-riを 

私があちこちに 晒し者として 

引っ張り回しているうちに


yu-riは 

その目まぐるしさに

心身ともに 

疲れてしまったようなのです


生贄


先日の離島旅は
 
yu-riの心身を 回復させる為

突然 思い立った事だったのですが…

関連記事

THEME 人妻・熟女 | GENRE アダルト |
主・エントリー

COMMENT LIST